TOP > 導入事例 > GigE/USB カメラ搭載 コーヒーカプセル検査用システム

GigE/USB カメラ搭載 コーヒーカプセル検査用システム

近年、挽いたコーヒー豆をカプセルに閉じ込めた製品が人気を呼んでいる。その製造工程では、非常に厳しい品質管理基準を満たさなくてはならない。そのため、イタリアのコーヒーメーカ最大手では、ドイツの専門3社による充填設備、マシンビジョンシステムおよびIDS社製カメラを採用している。

このシステムでは、画像処理に用いられる産業 用PC が検査場所から少し離れたところに設置されるケースが多く、100 mまでケーブル長がとれる IDS社製GigE インタフェースのVGA カメラ2台によって各ベルトコンベアをモニタリングし、1分間に500カプセルの検査を行うことが可能である。

  GigE/USB カメラ搭載 コーヒーカプセル検査用システム
RE カメラは製品シリーズの中でも最も頑丈で、防塵性および防沫性を備えている。
ねじ留め式の ケーブルと、繊細なレンズをカバーするレンズ保護チューブが付いており、すべて IP 65 および IP 67 保護クラスの要件に準拠している。これにより、注入ステーション内におけるコーヒーくずのカメラ内部への浸入防止を保証する。2つのコーヒーカプセルを同時に撮影するために、1.3 メガピクセルのCMOS センサを搭載したUI- 1540RE-M カメラが使われている。スループット率 は1秒強であり、取得した画像の迅速分析にとっては非常に重要な要素となる。
画像処理ソフトウェアの専門家であるSeidenader 社は、MVTec社のオペレータを使ってパワフルなHALCONライブラリでそ のスピードで密閉パック工程をチェックしている。
結果として、8個のカプセルが並ぶ1列を、わずか600msで検査する。欠陥のあるシールが付いたカプ セルはすぐに分別され、最後のラインには廃棄が出ない。Optima社によれば、競合他社は未だ2桁代の廃棄率の改善に悪戦苦闘しており、統合された検査システムの優れた性能が必要であると明確に示している。
このシステムは、充填および検査ユニットを含む完全なソリューションとして供給され、生産量と品質の両方を向上させる。特に主要な世界的に事業展開しているコーヒー生産者のために、システムのすべて細部は完璧でなければならない。このシステムは、競合他社製品にはない20種類以上の細部ソリューションを提供している。
image   image