1. TOP
  2. 取扱製品
  3. 3Dカメラ
  4. Ensenso社3Dカメラ

Ensenso社3Dカメラ

3Dビジョンおよびロボット
ビジョン向けのステレオカメラ!

IDSのEnsensoステレオ3Dカメラは、ロボットビジョンアプリケーションのための産業用ソリューションです。高精度に加えて多くの付加価値を提供します。複数のEnsensoや2DのuEyeカメラを簡単に統合ができます。Ensensoは、最も複雑な要件にも対応できます。例えばビンピッキングなど、コスト効率を保証しながら、プロセスの信頼性を向上させ、開発コストも短縮させることができます。

Ensenso社 3Dカメラ

ラインナップ

3Dカメラ ENSENSOの実演動画

iDS社製3Dステレオカメラ Ensenso N10 のご紹介です。

N10シリーズの実演動画

Ensenso N10 dough cutting sample

Ensenso N10 maximum framerate

Ensenso N10 pick+place sample

Candy Tin Pick&Place Demo

ロボットによるばら積みピッキング(bin picking)

Ensenso N10 pick+place sample

3Dカメラ ENSENSOのスキャン画像

近赤外又はブルーライトでランダムドットパターンを投影する画像とDepth MAP

近赤外又はブルーライトでランダムドットパターンを投影する画像
Depth MAP

ロボットピッキングへの応用

取得した点群と、表面積や立体のモデルデータとマッチングし、個体の重心座標を算出して、ロボットピッキングを行う。
画像認識ソフトウェアは当社開発品との組合せの他、HALCONソフトウェアでの処理も容易にできます。また、ロボット通信も含めた各種サンプルソフトウェアも用意しております。

ロボットピッキングへの応用
ロボットピッキングへの応用

カラーカメラとの同期

3DカメラとUSB3.0カメラを同期させ、座標統合を行うことで、高速で取り込んだ2次元の画像と3次元の画像を組合せた画像処理が可能です。

USB3.0カメラ
点群にRGBを追加した結果

Ensenso は3DカメラとUSB3.0カメラを同期させ、座標統合を行うことで、高速で取り込んだ2次元の画像と3次元の画像を組合せた画像処理が可能です。

3DカメラとUSB3.0カメラを同期

Ensenso は3DカメラとUSB3.0カメラを同期させ、座標統合を行うことで、高速で取り込んだ2次元の画像と3次元の画像を組合せた画像処理が可能です。

3DカメラとUSB3.0カメラを同期

ENSENSOの後処理

取得した画像はSemi-Global Matchingという手法で、左右のカメラの対応点を算出し、小さい視差の領域を除去するSpeckle Filtering、視差情報の信頼性をチェックするUniqueness、ノイズ除去をしたり穴埋めを行うMedian filter、Filling、左右のカメラの対応点を相互比較するShadowing等の各種画像処理技術により、 精度の高い点群の取得を行います。

Speckle Filtering

Speckle Filtering

小さい視差の領域を除去するフィルターです。
※印の箇所が除去する情報

Median Filter

Median Filter

周辺の視差情報を用いて突出したノイズを除去するフィルタです。
視差マップに適応します。

Uniqueness

Uniqueness

複数の対応点候補から、独自性がある視差であるかを判定します。

Filling

Filling

平面上の欠落した視差情報を検出し
視差マップの小さい穴埋めをします。

Shadowing

Shadowing

左右のカメラの対応点を相互に比較して対応点が一致しないエリア(Shadowing area) は使用しないことにより精度を高めます。

ENSENSOキャリブレーション

NSENSOのキャリブレーション方法をご紹介いたします。

Ensenso Calibration

Ensenso Setup

カタログ・資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

購入ご検討の参考に

ご質問・ご相談などお気軽に