ArrayUnion

概要

少なくとも1つの入力アレイにある要素のアレイを(重複なしで)返します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 説明
inArray1 <T>Array 最初の入力アレイ
inArray2 <T>Array 2番目の入力アレイ
inArray3 <T>Array* 3番目の入力アレイ(任意)
inArray4 <T>Array* 4番目の入力アレイ(任意)
outArray <T>Array 入力アレイの結合

このフィルタの種別は、有効などの種別にもなれる種別変数Tを使うことで定まります。詳細情報はこちら(作成中)。

説明

この操作は少なくとも1つの入力アレイにある要素のアレイを算出します。複数のアレイを一連のセットと見なして扱います。つまり、入力アレイで繰り返される要素を無視し、また、繰り返される要素を抜いて結果を算出します。

inArray1 = {1,1,1,2,2,3}
inArray2 = {1,1,4}
outArray = {1,2,3,4}

注記

このフィルタは基礎的なデータ種別とそれら種別の構造によってのみ具現化が可能ですので、ご注意下さい。照合できない複雑なデータ種別、例えばImageやRegionによってこのフィルタを具現化すると、ドメインエラーが起こります。

このフィルタを使って種別がRealであるデータ(またはこの種別を持つ構造)を照合することは、難しい場合があります。これら種別の値にあるごくわずかな(検知されない)差異が、値の照合においてマイナスの(予測できない)結果をもたらすということに起因するものです。

エラー集

照合できない複雑なデータ種別"TypeName"(種別名)がArrayDifferenceで使われています。

難易度

このフィルタはエキスパートの難易度でご利用頂けます。

関連リンク

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム