AssertObjectEqualTo

概要

オブジェクトが期待されたものと同じであることをアサートします。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 説明
inObject <T>  
inExpectedObject <T>  
inDescription String  

このフィルタの種別は、有効などの種別にもなれる種別変数Tを使うことで定まります。詳細情報はこちら(作成中)。

注記

このフィルタは基本的なデータ種別とその構成によってのみ具現化されます。比較ができない複雑なデータ種別(ImageやRegion等)によるフィルタの具現化はDomain Errorとなります。複雑な種別に対しては、先述の種別でも使える適切な特化型フィルタを使うことができます。

このフィルタを使ってReal種別(またはこの種別でできた構成)のデータを比較することは難しい可能性があります。その原因としては、こうした種別におけるごくわずかな(検知できない)差異が値の比較から予期しない負の結果を導き出すことが挙げられます。

エラー集

AssertObjectEqualTo上で比較できない複雑なデータ種別"TypeName"が使われています。

難易度

このフィルタはアドバンスドの難易度でご利用頂けます。

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム