TOP > 取扱製品 > Adaptive Vision Studio > テクニカルデータ > Filter Reference > ConditionalToArray_Deprecated

ConditionalToArray_Deprecated

概要

条件値から空のアレイまたは単一要素のアレイを作成します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 説明
inArray ? 入力する条件オブジェクト
outArray Array 空または単一要素のアレイ

このフィルタの種別は、有効などの種別にもなれる種別変数Tを使うことで定まります。詳細情報はこちら(作成中)。

説明

inConditionalObjectが存在している場合、結果となるoutArrayがその値を唯一の要素として含むことになります。inConditionalObjectが空の場合、結果となるoutArrayが空となります。操作はMergeIntoArrayフィルタに類似していますが、単一の入力引数のみを受け付けます。

inConditionalObject = "Mike" outArray = {"Mike"}
inConditionalObject = Nil outArray = {}

難易度

このフィルタはベーシックの難易度でご利用頂けます。

関連リンク

MergeBranches, MergeConditionals, MergeIntoArray

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム