CopyObject

概要

入力データのコピーを作成します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 説明
inObject コピーするオブジェクト
outObject オブジェクトのコピー

このフィルタの種別は、有効などの種別にもなれる種別変数Tを使うことで定まります。詳細情報はこちら(作成中)。

適用事例

このフィルタを使って、例えばHMIに送信する必要のあるデータやマクロフィルタの数か所で使用されるデータのソースを作成することができます。

ヒント

  • HMI管理用のデータソースを作成するにあたってはこのフィルタを使いましょう。
  • マクロフィルタ1つの中で使用する必要があるデータソースを作成するにあたってはこのフィルタを使いましょう。
  • 現行のマクロフィルタのグローバルなパラメータや追加入力を作成することも考慮しましょう。

このフィルタの用途に関しては次の事例集とチュートリアルにもあります:HMI Recorder(作成中)

難易度

このフィルタはアドバンスドの難易度でご利用頂けます。

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム