GigEVision_GrabImage

概要

GigE Vision仕様カメラからの画像ストリームを取得します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 範囲 説明
inAddress GevAddress   GigE Visionデバイスを特定するアドレス(IP, MAC, シリアルナンバー等)
inPixelFormat GevPixelFormat  

GenICamピクセル命名規則において要求されたピクセルのフォーマット

inInputQueueSize Integer 1 - 200 アプリケーションにより実行される前にバッファ可能なフレームの数
outFrame Image   取得されたフレーム
outFrameID Integer   デバイスが定めるフレームブロックID(1から65535の範囲)
outTimestamp Integer   デバイスが定めるフレーム取得のタイムスタンプ(サポートされている場合)

適用事例

GigE Visionデバイスで作業するにあたって、一番推奨するフィルタです。

説明

このフィルタはGigE Vision®規格で単一ストリームのビデオトランスミッターとの接続確立、及び連続モードでそこから画像をストリーミングするためのものです。

デバイスアドレス(inAddressポート)は、テクスト上のIP、MACあるいはシリアルナンバーの定義を表します。Device Manager(フィルタプロパティにある"..."ボタンをクリック)を使うことで、接続されているデバイスの適切なアドレスを選択できます。アドレスタイプの意味とデバイスアドレスの選択については、ユーザーマニュアルのDevice Managerセクションをご覧下さい。

ピクセルフォーマットは、画像のピクセル(カラー)フォーマットのテクスト上の名称を表します。フォーマット名はデバイスがサポートしているフォーマット名のいずれかと対応していなければなりません。そうでない場合、プログラム稼働時にエラーが発生します。Device Manager(フィルタプロパティにある"..."ボタンをクリック)を使うことで、デバイスがサポートしているフォーマットリストのフォーマット名が選択できます。ピクセルフォーマットの選択に関する情報は、ユーザーマニュアルのDevice Managerセクションをご覧下さい。

フィルタは選択したデバイスのピクセルフォーマットで内的に画像をストリームします。このフォーマットは、データのロスがない形で最適な画像フォーマットに変換されます。

outFrameIDアウトプットは、現状のビデオシーケンス内のフレームを特定する番号を返します。この番号は各フレームブロックの転送開始時にデバイスが生成し、数が1つずつ増えていきます。このidに対する有効範囲は、GigEVision対応デバイスの場合、1から65535です(1から始まり、65535まで数値が上がっていき、その後は1に戻ります)。この値は受け取られたイメージシーケンスの訂正とロストしたフレームの検出の管理に使うことができます。ただしこの方法で検出できるフレームは、デバイスが転送したもののアプリケーションで処理する前にロストしたものだけです。デバイスが画像を転送しなかった場合には使えません(例:デバイスがトリガーのシグナルを見逃した)。

outTimestampアウトプットは、画像を取り込んだ時点でデバイスがマークしたフレームのタイムスタンプを返します。このパラメータのデバイスによるサポートはオプションであり、いくつかのデバイスにはこのアウトプットが有効となりません。タイムスタンプに使われるタイマーの周期はデバイスに依存します。タイムスタンプのタイマーに関しては、デバイス図書を参照して下さい。通常、タイマーの周期はデバイスのパラメータツリーにあるGevTimestampTickFrequencyパラメータを利用して取り出すことができます。このアウトプットの値は0から231-1の範囲で循環します。

新規の有効な画像フレームに対する待機時間は限定されていません。明示的な限定タイムアウト値、及び処理タイムアウト条件については、GigEVision_GrabImage_WithTimeoutフィルタを使用して下さい。

GigE Visionデバイスで作業するにあたっての概略情報は、以降にある項目を参照して下さい。

ヒント

  • ・inAddressインプットを定めて、ネットワーク内で利用可能なカメラを相互的に選択しましょう。
  • ・カメラがサポートしているものからinPixelFormatを選びましょう。

このフィルタの用途の説明は、次の事例とチュートリアルでご覧下さい:PTP検査。

エラー集

このフィルタはレポートエラーに除外事項を入れることができます。エラーの取り扱いについては:エラーハンドリング。

エラー種別 説明
IoError デバイスとの接続消失

難易度

このフィルタはベーシックの難易度でご利用頂けます。

フィルタグループ

このフィルタはGigEVision_GrabImageのフィルタグループです。

関連項目

GigEVision_GrabImage_WithTimeout, GigEVision_SetBoolParameter, GigEVision_SetEnumParameter, GigEVision_SetIntegerParameter, GigEVision_SetRealParameter

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム