TOP > 取扱製品 > Adaptive Vision Studio > テクニカルデータ > Filter Reference > GigEVision_StartAcquisition

GigEVision_StartAcquisition

概要

デバイスでの画像取得を初期化しスタートします。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 範囲 説明
inAddress GevAddress   GigE Visionデバイスを特定するアドレス(IP, MAC, シリアルナンバー)
inPixelFormat GevPixelFormat  

GenICamピクセル命名規則において要求されたピクセルのフォーマット

inInputQueueSize Integer 1 - 200 アプリケーションにより実行される前にバッファ可能なフレームの数

適用事例

通例、最初のトリガーイベント以前にカメラ接続を確立するために使われます。特に複数台カメラを使うシステムにとって重要です。

説明

このフィルタはGigE Vision®規格で単一ストリームのビデオトランスミッターとの接続確立、及び画像ストリーミングを初期化するためのものです。これはプログラムの初期段階で明確な画像取得の開始が要求されている場合、あるいは、プログラム稼働中に画像取得を開始・終了する場合にのみ必要となります。例えば、トリガーモードで稼働するカメラを用意したり、GigEVision_GrabImageを最初に呼び出す前にトリガーシグナルを捉えたり、取得フェーズの前に同期して複数台のカメラを起動したりすることに利用できます。

このフィルタの使用は必須ではありません。GigEVision_GrabImageあるいは GigEVision_GrabImage_WithTimeoutフィルタが最初の呼び出しの段階で画像取得を初期化し開始します。このフィルタが使われるとき、その後のGigEVision_GrabImageとGigEVision_GrabImage_WithTimeoutフィルタにあるinPixelFormatとinInputQueueSizeパラメータは効果を持ちません。

このフィルタは、取得がGigEVision_StopAcquisitionを用いることで明示的に停止されていない限り、2回目の呼び出し及び画像取得フィルタの後の呼び出しでは何も効果を持ちません。

デバイスアドレス(inAddressポート)は、テクスト上のIP、MACあるいはシリアルナンバーの定義を表します。Device Manager(フィルタプロパティにある"..."ボタンをクリック)を使うことで、接続されているデバイスの適切なアドレスを選択できます。アドレスタイプの意味とデバイスアドレスの選択については、ユーザーマニュアルのDevice Managerセクションをご覧下さい。

ピクセルフォーマットは、画像のピクセル(カラー)フォーマットのテクスト上の名称を表します。フォーマット名はデバイスがサポートしているフォーマット名のいずれかと対応していなければなりません。そうでない場合、プログラム稼働時にエラーが発生します。Device Manager(フィルタプロパティにある"..."ボタンをクリック)を使うことで、デバイスがサポートしているフォーマットリストのフォーマット名が選択できます。ピクセルフォーマットの選択に関する情報は、ユーザーマニュアルのDevice Managerセクションをご覧下さい。

GigE Visionデバイスで作業するにあたっての概略情報は、以降にある項目を参照して下さい。

ヒント

  • ・ご自身のアプリケーションのメインタスク(メインループ)の前にこのフィルタを使いましょう。
  • inAddressインプットを定めてネットワーク内で利用可能なカメラをインタラクティヴに選びましょう。
  • ・カメラがサポートしているものからinPixelFormatを選びましょう。

難易度

このフィルタはアドバンスドの難易度でご利用頂けます。

関連項目

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム