TOP > 取扱製品 > Adaptive Vision Studio > テクニカルデータ > Filter Reference > GigEVision_StopAcquisition

GigEVision_StopAcquisition

概要

デバイスでの画像取得を停止します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 範囲 説明
inAddress GevAddress   GigE Visionデバイスを特定するアドレス(IP, MAC, シリアルナンバー)

説明

このフィルタはGigE Vision®規格で単一ストリームのビデオトランスミッターにおいて取得を停止するためのものです。プログラム稼働中に明確な画像取得の停止・開始を導入する場合に必要です。

このフィルタは通例(GigEVision_GrabImageやGigEVision_StartAcquisitionといったフィルタが実行された後)カメラの画像取得が既にアクティブであるときに実行されます。フィルタ実行後、カメラとアプリケーションレベルでの画像取得が停止され、インプットキューに残っている画像データが全て破棄されます。画像取得はGigEVision_GrabImage、GigEVision_GrabImage_WithTimeout、及びGigEVision_StartAcquisitionフィルタを実行することで後程再構築することができます(ピクセルフォーマットと画像インプットキューサイズパラメータはこれらフィルタで再度設定できます)。

このフィルタは数種のカメラ設定パラメータ(取得中ロックされた状態)を変更するため、全フレームが単一フレームあるいは複数フレーム取得モードで受け取られた後に画像取得を停止するため(画像取得はこれらのモードで次のフレームのバッチを受け取るために開始前に停止しておかなければなりません)、あるいはアプリケーションが当該のカメラからの画像が必要でない状態に移行する場合にカメラの画像取得を停止するために、画像取得を停止するために使用できます。

このフィルタはカメラが画像取得状態になっていない間は呼び出されても効果を持ちません。

デバイスアドレス(inAddressポート)は、テクスト上のIP、MACあるいはシリアルナンバーの定義を表します。Device Manager(フィルタプロパティにある"..."ボタンをクリック)を使うことで、接続されているデバイスの適切なアドレスを選択できます。アドレスタイプの意味とデバイスアドレスの選択については、ユーザーマニュアルのDevice Managerセクションをご覧下さい。

GigE Visionデバイスで作業するにあたっての概略情報は、以降にある項目を参照して下さい。

難易度

このフィルタはアドバンスドの難易度でご利用頂けます。

関連項目

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム