IDS_GrabImage

概要

IDS社製カメラからの画像を取得します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 範囲 説明
inDeviceID String*   デバイスのシリアル番号またはユーザー定義のカメラID
inPixelFormat Strinrg  

ピクセルのフォーマット。対応データフォーマット:Raw8、Mono8、Rgb8、Bgr8、Rgba8、Bgra8

inInputQueueSize Integer 1~∞ 入力フレームの最大待ち行列容量
inAutoReconnect Bool   自動的にカメラに再接続する
inTriggerMode IDSTriggerMode*   カメラトリガモード
inAoi Box*   ストリーミングするのに必要な画像の断片
inFrameRate Real* 0.1~400.0  フレームレート
inExposureTime Real* 0.0~∞ 露光時間(マイクロ秒単位
inHorizontalBinning IDSBinning*   水平方向ビニング
inVerticalBinning IDSBinning*   垂直方向ビニング
inMirror IDSMirror*   ミラー効果
inAutoBlackLevel Bool*   自動黒レベル調整を有効にする
inBlackLevelOffset Integer* 0~∞ 黒レベルオフセット
outImage Image   出力画像

備考

カメラドライバソフトウェア

このフィルタはご使用のカメラメーカーのSDKを使用してカメラと協調するためのものです。カメラと接続するためには、IDS SDKソフトウェアのインストールが必要となります。

 

下記ウェブサイトからIDS SDKのダウンロードが可能です。

https://en.ids-imaging.com/download-ueye.html

 

ドライバのインストールを確認するためには、IDSカメラマネージャを起動させてください。カメラが認識され、カメラからの画像が確認できれば、Adaptive Vision StudioでIDS SDKを使用することができます。

 

Adaptive Vision Studioで使用する推奨IDS SDKのバージョンは、4.80です。

 

カメラ識別

 

IDS社製カメラ1台と接続している場合、inDeviceIDフィールドはAutoに設定できます。この場合、最初に使用可能なカメラが使用されます。

 

複数のカメラがコンピュータに接続されている場合、inDeviceIDフィールドで1つを選択します。inDeviceIDフィールドには、カメラIDを設定してください。

 

ソースコード

 

プロフェッショナルエディションでは、このフィルタはオープンソースです。このフィルタを参照してご使用のハードウェアへの対応を確認することができます。また、フィルタの修正や機能追加も可能です。

 

ソースコードが格納されているディレクトリ:
/My Documents/Adaptive Vision Studio 4.x Professional/Sources/User Filters/IDS

 

使用カメラ

 

USBカメラを使用している場合、inAutoReconnectパラメータが作動しないため、カメラとの接続が切断されても、検知されません。USBカメラでこの機能を有効にするには、新たにレジストリキーを追加してください。

HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/CurrentControlSet/services/ueye/Parameters

DWORD DevChangeHandlerMode = 1

難易度

このフィルタはベーシックの難易度でご利用頂けます。

関連項目

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム