LoopMaximum

概要

関連値が全イテレーション中で最大だったオブジェクトを返します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 説明
inObject T 選ぶことができるオブジェクト
inValue Real 入力オブジェクトに関連した値
outMaximumObject T 関連する値が最も高かったオブジェクト
outMaximumValue Real ループ中に現れた最大の値
outMaximumIndex Integer 最大のオブジェクトが現れた時点でのイテレーションのインデックス

このフィルタの種別は、有効などの種別にもなれる種別変数Tを使うことで定まります。詳細情報はこちら(作成中)。

難易度

このフィルタはベーシックの難易度でご利用頂けます。

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム