RecognizeBarcode

概要

所定の箇所にある入力画像のバーコードから情報を抽出します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 範囲 説明
inImage Image   入力の画像
inBarcodePosition Rectangle2D   バーコードの入力画像内での位置
inBarcodePositionAlignment CoordinateSystem2D*   バーコードの長方形を検査対象位置に調整
inBarcodeFormat BarcodeFormat*   バーコードのフォーマット
inScanCount Integer 1 - ∞ 初めて読取ができるまでの並列走査数
inScanWidth Integer 1 - ∞ 走査単体の幅
inMinStrength Real 0.0 - ∞ 抽出したエッジの最小濃度
inSmoothingStdDev Real 0.0 - ∞ 各走査で抽出したプロファイルに適用したガウシアンスムージングの標準偏差
outDecodedText String?   デコードしたバーコードの文字列。全走査が失敗の場合、何もなし。
outBarcodeFormat BarcodeFormat?   デコードしたバーコードのフォーマット。全走査が失敗の場合、何もなし。
outAlignedBarcodePosition Rectangle2D    
diagScheduledScanSegments Segment2DArray   スケジュールした走査のセグメント

適用事例

大抵バーコード検出フィルタの後に使用されます。

ヒント

  • inImageを画像認識フィルタの出力に繋げましょう。
  • 読み取りたいコードの種別に応じてinFormatを選択しましょう。間違ったフォーマットを選択すると、コードは認識されません。値をAuto(自動)に設定すると算出時間を大幅に増加させることになりえます。また、Autoの値にするとUPC-AコードをEAN-13コードとして検出してしまいます。

 

(左)回転したバーコード (右)プラスチックシートに印字された低品質のバーコード

 

(左)シュリンク包装のバーコード (右)ぶれた画像のバーコード

 

(左)一般的な330ml缶のバーコード (右)反射するシュリンクにあるバーコード

 

(左)本の出版情報を表示するアドオン2桁付EAN-13 (右)価格提示用のアドオン5桁付EAN-13

注記

バーの最小幅に関する要件

バーコードを正確に検出できるよう、バーの一番細い幅が少なくとも1.5ピクセルあるようにして下さい。

バーコードのフォーマットに応じて、ガードパターンか開始・終了コードパターンが読み取れるようにする必要があります。

ファーマコードの使用

ファーマコードのバーコード種別はどちらの方向でも正しく読み取れます。両方向から結果を得られるようにするには、Pharmacode及びPharmacodeInversedのバーコード種別を使用して下さい。

ファーマコードをデコードする前に、コードの傾きの角度が-45°から135°の範囲で標準化されます。これによりデコードがより安定します。

Pharmacode = 23及びPharmacodeInversed = 16としてファーマコードを別々の方向から読み取った結果

相対座標体系の使用

ローカル座標体系の詳細情報に関してはこちらの記事(作成中)を参照して下さい。

難易度

このフィルタはベーシックの難易度でご利用頂けます。

関連フィルタ

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム