SynView_ConfigureStrobe

概要

カメラ内蔵のストロボを制御します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 範囲 説明
inDeviceID String*   入手可能な全てのID(ユーザーID、ベンダー名、モデル名等)からカメラを検索する。
inStrobeEnabled SynViewStrobeEnable  

有効にするストロボのLEDを選択します。

inStrobeDuration Real 0.0~∞ ストロボパルス幅(マイクロ秒単位)
inStrobeDelay Real 0.0~∞  フレームトリガ信号からストロボパルス信号までの遅延時間(マイクロ秒単位)

備考

このフィルタは、メインプログラムのループにおいて呼び出されますが、システムの性能に大きな影響はありません。

カメラドライバソフトウェア
このフィルタはご使用のカメラメーカーのSDKを使用してカメラと協調するためのものです。カメラと接続するためには、SynView SDKソフトウェアおよびカメラ専用ドライバのインストールが必要となります。

下記ウェブサイトからSynView SDKのダウンロードが可能です。

https://net-gmbh.com/en/download.html

 

ドライバのインストールを確認するためには、SynViewエクスプローラ(カメラドライバをインストールしたディレクトリに格納)を起動させてください。カメラが認識され、カメラからの画像が確認できれば、Adaptive Vision StudioでSynViewカメラの SDKを使用することができます。

 

Adaptive Vision Studioで使用する推奨SynView SDKのバージョンは、1.02.003です。

 

カメラ識別

 

カメラ1台と接続している場合、inDeviceIDフィールドはAutoに設定できます。この場合、最初に使用可能なカメラが使用されます。

 

複数のカメラがコンピュータに接続されている場合、inDeviceIDフィールドで1つを選択します。inDeviceIDフィールドには、以下の項目を設定してください。

 

UserID:選択したデバイスのユーザーID(もしくはニックネーム)

VendorName:デバイスの製造業者名

ModelName:デバイスのモデル名

DisplayName:デバイスのディスプレイ名

IPAddress:選択したデバイスの現在のIPアドレス(GigE Version仕様カメラのみ)

MACAddress:選択したデバイスのMACアドレス(GigE Version仕様カメラのみ)

SerialNumber:カメラに固有のシリアル番号を示す文字列

 

難易度

このフィルタはベーシックの難易度でご利用頂けます。

関連項目

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム