Vimba_GrabImage

概要

Allied Vision社製カメラからの画像を取得します。

*本ページはFuture Processing社の許可の下、Adaptive Visionの当該Filter Referenceページを和訳化したものです。

名称 種別 説明
inDeviceID String* アドレスを定めるデバイス
inImageFormat VimbaImageFormatParams

画像フォーマットパラメータ

inAcquisitionControl VimbaAcquisitionControlParams 取得制御パラメータ
outImage Image 取得されたフレーム

このフィルタの用途の説明は、次の事例とチュートリアルでご覧ください:HMIレコーダ

備考

カメラドライバソフトウェア

このフィルタはご使用のカメラメーカーのSDKを使用してカメラと協調するためのものです。カメラと接続するため、Vimba SDKソフトウェアのインストールが必要となります。

 

下記ウェブサイトからVimba SDKのダウンロードが可能です。

https://www.alliedvision.com/en/products/software.html

 

ドライバのインストールを確認するためには、Vimba Viewerを起動させてください。カメラが認識され、カメラからの画像が確認できれば、Adaptive Vision StudioでVimba SDKを使用することができます。

 

Adaptive Vision Studioで使用する推奨Vimba SDKのバージョンは、2.0です。

 

カメラ識別

 

Allied Vision社製カメラ1台と接続している場合、inDeviceIDフィールドはAutoに設定できます。この場合、最初に使用可能なカメラが使用されます。

 

コンピュータに複数のカメラが接続されている場合、inDeviceIDフィールドには、カメラIDを設定してください。

難易度

このフィルタはベーシックの難易度でご利用頂けます。

フィルタグループ

このフィルタはVimba_GrabImageのフィルタグループです。

    • Adaptive Visionのサイトが開きます
    • サンプル・デモ機のお申し込み
    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム