TOP > 取扱製品 > Adaptive Vision Studio > テクニカルデータ > インフォメーション > Deep Learning Add-on 学習の結果-モデルデータ

学習の結果-モデルデータについて

Adaptive Vision Deep Learning Add-onを使用してディープラーニング学習を行った際、
学習の結果としてモデルデータと呼ばれるデータのセットが生成されます。
このモデルデータを保存することで学習の結果を保存できます。
また、作成したモデルデータをプログラム上で呼び出して使用することで、ディープラーニングを利用した検査を行うこともできます。

モデルデータはディープラーニング学習の成果といえる重要なデータですので、不意に紛失や上書きをされることの無いよう、お気を付けて管理されることをお勧めします。


モデルデータの形式

モデルデータは、下記の画像のようなデータで構成されています。
これらのデータが1セットで1つのモデルデータになりますので、
データを1つのフォルダに入れ、そのフォルダ単位で管理するようにしてください。モデルデータ アップ.png



モデルデータの保存場所

モデルデータを保存する場所は、ディープラーニングフィルターを使用して学習を始める際に指定できます。



下記の画像はディープラーニングフィルターの1つSegmentInstanceで学習を始める際のものです。
ディープラーニングフィルターを選択し、左下にあるプロパティのinDeepModelの欄にあるボタンを押して学習を開始します。
学習開始.png



ボタンを押すと、下記のようなポップアップが表示されます。
ここでモデルデータを保存する場所を選ぶことができます。
(保存場所に指定できるのは、中身が空のフォルダだけです)保存先.png