TOP > アフターサポート > よくあるご質問

よくあるご質問Faq

■全般

対応OSを教えて下さい。

 各ボードの対応OSは以下の通りです。

ボード

対応OS

注意

MTPCI-DC2-G[生産終了]

MTPCI-DD2-G[生産終了]

MTPCI-DX-G[生産終了]

MTPEX-DX-G[生産終了]

MTPCI-PL-G[生産終了]

MTPEX-PL-G[生産終了]

Windows7(32/64bit)

 

MTPEX-SA-G

MTPEX-SL-G

MTPEX-XL-G

MTPEX-FL2-G[生産終了]

MTPEX-QL2-G

MTPEX-DL2-G

MTPEX-ID-G[生産終了]

Windows7/10(32/64bit)

(*1)

 

ユニット

対応OS

注意

MTCB-A300

MTCB-D500

Windows7/10(32/64bit)

(*1)

(*1) Windows10で動作可能ですが、スリープモードには対応していません。

OSがスリープ状態になった場合、アプリケーションの再起動が必要になります。

ライブラリの有償版と添付版の違いは何ですか?

添付版は動作確認向け、有償版は開発者向けとなっております。

添付版はボードの動作確認用に必要最低限の資料及びサンプルアプリケーションが入っています。

有償版は添付版の内容に加え、開発環境(API仕様書)が入っており、ソフトウエアの開発が可能となっています。

後継機種を教えて下さい。

各ボードの後継機種は以下の通りです。

既存

ボード

対応

バス

対応

ライブラリ

 

後継機種

対応

バス

対応

ライブラリ

注意

MTPCI-DC2-G

MTPCI-DX-G

PCIバス

V414

MTPEX-SA-G

PCI- Expressバスx1

V500(*2)

(*1)(*4)(*5)

MTCB-A300

USB

V100(*3)

(*4) (*6)

MTPEX-DX-G

PCI-Expressバスx1

V414

MTPEX-SA-G

PCI- Expressバスx1

V500(*2)

(*1)(*4)(*5)

MTCB-A300

USB

V100(*3)

(*4) (*6)

MTPCI-DD2-G

PCIバス

V414

なし

 

なし

 

MTPCI-PL-G

PCIバス

V414

MTPEX-SL-G

PCI- Expressバスx1

V500(*2)

(*1)(*4)(*5)

MTPEX-PL-G

PCI-Expressバスx1

V414

MTPEX-FL2-G

PCI- Expressバスx4

V500

MTPEX-XL-G

PCI- Expressバスx4

V500

(*4)

MTPEX-ID-G

PCI- Expressバスx4

V500

MTCB-D500

USB

V100(*3)

(*4) (*6)

 

(*1) NTSC/PALは接続出来ません。

NTSC/PALで接続したい場合、MTCB-A300を検討下さい。

(*2)V414からV500ライブラリに変更する際、下記の変更が必要となります。

・デバイスドライバーの再インストール

・アプリケーションのリビルド作業

後継機種のライブラリから

1.ヘッダファイル一式ファイル、

2.mtpcidma5.dll(OS:32bit用)/ mtpcidma5_64.dll(OS:64bit用)

3.mtpcidma5.lib(OS:32bit用)/ mtpcidma5_64.lib(OS:64bit用)

4.MtPciEntry5.ini

をコピーし、現在使用しているファイルと差し替えてアプリケーションのリビルド作業を行う。

(*3) V414/V500からV100ライブラリに変更する際、下記の変更が必要となります。

・デバイスドライバーの再インストール

・アプリケーションのリビルド作業

後継機種のライブラリから

1.ヘッダファイル一式ファイル、

2.MtUsbLib4.dll(OS:32bit用) /MtUsbLib4_64.dll(OS:64bit用)

3.MtWinViewImg.dll (OS:32bit用)/MtWinViewImg64.dll(OS:64bit用)

4.uvdmusb64.dll

をコピーし、現在使用しているファイルと差し替えて

アプリケーションのリビルド作業を行う

(*4)DIOのPIN配列はボードによって異なる為、各ボードドキュメントを参照して下さい。

(*5)MTPEX-SA-G用のカメラ設定ファイルが必要となります。

  現在使用中/使用予定のカメラ設定ファイルをサポート窓口までご送付下さい。

MTPEX-SA-G用に修正し、返送致します。

(*6) MTCB-A300/D500用のカメラ設定ファイルが必要となります。

  ライブラリ内に用意されているカメラ設定ファイルをご使用下さい。

場所:MTUSB-WIN(3)-V100_BuildXX\Bin_MTCB-Series\SettingFile

画像が正常に取り込まれない。

下記の項目を確認して下さい。

  1)カメラに電源は入っていますか?

   (注意1)PoCLカメラの場合、カメラに電源が接続されていないことを確認。

(注意2)PoCLカメラの場合、画像入力ボード(*1)のジャンパーピンがPoCL側になっていることを確認。

(*1) MTPCI-PL-G/MTPEX-DL2-G/ MTPEX-DL2-G/MTPEX-SL-G/MTPEX-XL-G

  2)ボードは認識していますか?

   「デバイスマネージャー」を開き、PCに接続している画像入力ボードの名前があるか確認。

   ない場合は、ドライバをインストールし、症状が改善するか確認。

   ドライバのインストール方法は各ライブラリに入っているドライバインストール手順書を参照して下さい。

3)カメラ及びカメラ設定ファイルの設定はあっていますか?

   カメラ及びカメラ設定ファイルが意図している設定か再確認。

 4)カメラ/画像入力ボード/接続しているケーブル等が破損していませんか?

   カメラ/画像入力ボード/接続しているケーブル機器等を変更し、症状が改善するか確認。

上記項目の確認を行っても画像が正常に取り込めなかった場合、こちらからお問合せください。

 

 

デモ機を借用したい

使用されたいボードの型番をこちらからお問合せ下さい。

  QA.png

修理は可能ですか。

修理されたいボードの型番及び破損状をこちらからお問合せください。

 (注意) 修理可否に関わらず調査費用が別途発生します。(一万円)

 

QA.png

 

 

GenTL対応していますか。

GenTLには対応しておりません。

 

DirectShowに対応していますか。

対応しておりません。

 

CognexAIKに対応していますか。

対応しておりません。

 

■MTPEX-DL2-G/MTPEX-QL2-G

Medium/Full Configrationで接続できますか。

Base Configrationのみ接続可能です。

 MTPEX-DL2-Gの場合、BaseConfigrationのカメラが2台接続可能です。

 (注意) 解像度が16Mbyte以上のカメラは接続不可。

MTPEX-QL2-Gの場合、BaseConfigrationのカメラが4台接続可能です。

(注意) 解像度が8Mbyte以上のカメラは接続不可。

    • メールでのお問い合わせはこちら
    • お問い合わせフォーム
    • お電話でのご依頼・お問い合わせはこちら
    • 03-3986-3143
    • 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日は除く)