TOP > 用語集 > 用語集 あ行

用語集 あ行Terminology A

あ行

位相シフト法

ステレオ計測一般的に言う位相シフト法とは、ステレオ画像から対応点を効率よく見つけるために、複数のパターン光を照射して、3次元座標を取得する手法で、パターン光はサインカーブのものが多く、所定の位相分をずらして、複数の画像を取得します。
この方式は、時間ごとに撮像していくため、計測時間は、最後の画像を撮像するまでかかるが、空間分解能が高く、高精度での計測ができるため、3次元計測器などにもこの方式が使用されております。