TOP > 用語集 > 用語集 ら行

用語集 ら行Terminology RA

ら行

ランダムパターン投影法

基本的にはステレオ法と同じで、ランダムパターンを投影することで、模様や柄の特長がない物体でも安定して計測することができます。 精度的には位相シフトと比較すると高精度感はありませんが、1回の撮像で計測できるメリットがあり、動体計測など、高速で処理を行うような内容に向いている計測方法です。

レーザー光切断法

物体の形状を非接触計測する光学的な手法で、三角測量の原理に基づいて3次元計測を行います。
レーザ光を使用した計測では、物体にラインレーザを投影し、エリアカメラ(センサー)でラインレーザを撮像しながらレーザーライン上の3次元座標を取得します。
この手法は、あくまで三角測量に基づき算出されることから、ステレオ法を同じように、レーザ光とレーザ光を撮像するカメラのキャリブレーションが必要です。