MTPEX-SA-G

ディープラーニング画像処理ソフト

AdaptiveVision Deep Learning Add-on

・簡単操作でディープラーニングを利用した
 画像処理開発が可能

・画像処理ライブラリAdaptiveVisionの
 機能追加ソフトです

詳細へ
ボード製品

ボード製品

自社開発の画像入力ボードと、その周辺機器をご紹介いたします。
産業用カメラ

産業用カメラ

iDS社製USBカメラ、GigEカメラ、3Dステレオカメラensensoをご用意しております。
Adaptive Vision Studio

画像処理ライブラリ  Adaptive Vision Studio, NEW DeepLearning Add-on オプション実装!!

プログラミング不要のデータフロー方式の開発ツールです。DeepLearning機能追加可能。

3Dソリューション

3Dソリューション

画像処理技術をベースに3Dソリューションをお客様に提供しております。
ロボット製品

ロボット製品

協働ロボットを使用したシステムを提案いたします。 

物流自動化 デパレタイジング システム

物流自動化 デパレタイジング システム 

3Dビジョンシステムで物流の効率化を提案します。
受託開発

受託開発

お客様のニーズに応じた新規開発・製品カスタマイズを承っております。
セミナー&トレーニング

セミナー&トレーニング

最新の技術動向に関するセミナーやお客様のニーズに応じたトレーニングを行なっています。
映像関連機器

映像関連機器

映像関連機器とは主に映像信号変換ユニットをご紹介いたします。
取次製品

画像関連製品

当社にてお取次ぎしている製品をご紹介いたします。

After Support アフターサポート

技術者集団としてのものづくりへのこだわりはもちろん、アフターフォローなどのサービスも含めた万全のソリューション体制を付加価値として提供しております。製品の不具合、修理のご依頼・ご相談はもちろん各種資料・ドライバのダウンロードなど各種サポート内容をご用意しております。
 

 

Endineer's Voice 技術者の声

技術者の声  

3Dカメラを活用した箱認識と物流ソリューション

コンテナ内に複数ある小箱から1つを認識するアルゴリズムでは、事前 に物体の形状情報を取得すれば2次元画像処理でも認識できます。では、小箱の向きがバ ラバラでそれぞれの高さも違う、しかも箱にはさまざまな模様の印刷がされている―そん な2次元のコントラスト処理では認識困難なワークを、3次元で認識することは可能か?

技術者の声  

高速・大容量化するカメラトラフィックを支える画像入力ボード開発

弊社の画像入力ボードは長い歴史がありアナログ入力からCameraLinkデジタル入力までラインナップを揃えるだけでなく、次世代の光インターフェースも視野に入れて開発を行っています。

技術者の声 一覧ページへ

Case Study 導入事例

prev< /a> next

導入事例一覧 ページへ

News ニュースリリース

2019/04/26
IDS USB3.0ケーブル仕様変更のご案内
IDS製USB3.0標準ケーブルの仕様が、一部部材の生産終了に伴い変更されます。 コアが大きくなることで、許容曲げ半径がこれまでより大きくなります。 IDSカメラとの接続は問題ございません。
2019/03/25
【発売開始】uEye XS カメラ
生産終了となったuEye XSの後継機種の発売が決定いたしました。4月にリリースされます。 性能、外観、機能面で以前のモデルに非常に近い仕様となっております。
2019/01/31
【発売開始】IMX273搭載カメラ
Sony製センサーIMX273を搭載した新しい産業用カメラの発売を開始いたしました。高フレームレートと低ノイズを実現し、グローバルシャッターによって照明条件が悪い環境や動きのある被写体に対しても高画質で撮像できます。
2018/08/21
MTPEX-ID-G生産終了のご案内
平素よりご愛願頂いておりますボード製品「MTPEX-ID-G」につきまして、一部部品入手不可能となり、代替え部品が無いことから、下記日程を持って製造・販売を中止させて頂きます。詳細は本タイトルのリンク先にてご確認下さい。何卒宜しくお願い申し上げます。

ニュース一覧ページへ

Infomation 展示会・セミナー情報

2019/07/04
ディープラーニングセミナー開催
AdaptiveVisionとそのディープラーニング機能についてご紹介させていただきます。
2019/05/14
画像センシング展2019に出展致します(終了いたしました)
「AI箱ワークデパレ/AI袋ワークデパレ」 AIと3次元画像処理を組合せロボットビジョンにより、これまで難しかった条件での箱・袋のデパレを行えるビジョンシステムです。ロボットを使用した実演デモを行う予定です。 AIには、画像処理開発ツールAdaptive Visionのディープラーニング機能を使用しています。 「AI小物ピッキング」 小さな箱などの多種のワークを、AIと3次元画像処理を組合せロボットビジョンによってピッキングします。ロボットを使用した実演デモを行う予定です。 AIには、画像処理開発ツールAdaptive Visionのディープラーニング機能を使用しています。 「画像処理開発ツール Adaptive Vision」 簡単な操作でディープラーニングを使用した画像処理システムを作成できる開発ツールAdaptive Visionを展示します。 Adaptive Visionで制御されたディープラーニング検査機を展示します。 「3Dスキャナ Zivid」 3次元形状を高速で取得する3Dスキャナです。取得した点群にカラー情報を付加することができ、従来の2D画像処理をより効果的に使用できます。 また、アイリスを変更しながら複数枚の画像を取得するHDRモードを使用し、対象ワークの色や材質による点群取得の差異をより減らし、安定した形状取得が可能です。実機によるデモを展示する予定です。 「IDS製産業用カメラ」 幅広いラインナップが特徴のドイツIDS製の産業用カメラです。 新製品のNXT rio & romeはAIによる画像処理に対応した高速推論用カメラで、PCなしで動作します。
2019/03/25
ディープラーニングセミナー開催(終了いたしました)
AdaptiveVisionとそのディープラーニング機能についてご紹介させていただきます。
2018/10/22
国際画像機器展 2018 に出展いたします。(終了いたしました)
ロボットと3Dビジョンを組み合わせたばら積みピッキングシステム、iDS社の最新のUSB3.1 CMOSカメラ、各種I/Fボードの展示を行います。また、画像処理検査システムがプログラム無しで開発できる優れたマンマシンインターフェース機能がある「Adaptive Vision Studio」に追加できる機械学習機能 Deep Learning を紹介実演致します。是非ご来場ください。

展示会・セミナー情報一覧ページへ